報告記念日。


2014年10月6日(月)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三十一字

   何も見えない真暗闇の中
 
     誰か私を抱いてくれないものか 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペクトル

白熱電球の光と
蛍光灯の光は
違うって
何となく思うけど

スペクトルを見てごらん
ね、こんなにもはっきり
違うんだよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私を忘れないで

知らないうちに
雪が溶けている
 
知らないうちに
桜が咲いている
 
知らないうちに
セミが鳴いている
 
知らないうちに
枯葉が落ちている
 
そして、また
 
知らないうちに
雪が降っている
 
自然は叫んでいる
私を忘れないで
私を忘れないで
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カゼ薬の使い方

風邪をひいた

病院へ行って薬をもらった
その薬の服用条件はただ一つ

『痛い時に服用すること』


じゃあ心が痛い時に飲んでいいんですか?

だなんて、弱気な私。

寝てれば治る風邪のはずなのに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どん底

底抜けの明るさは
 
どん底を経験した人にしかできない 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひみつ

地球は決められた方向にまわっているのに
星と雲はお互い逆の方向のまわって
空でクロスする

あんなにも星の光は鋭いのに
どうして空は破られないのか
雲は千切れ千切れにならないのか


きっと
雲は星を隠してあげてるんだ


ぶわりと雲が覆っている間
私たちは空に何があるか分からない
雲は守ってあげているの
星が私たちに見られないように


星には秘密があるから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小惑星

月のほとり
塵の海
今宵さまよう
さまざまな石
 
 
全て黒に
飲み込まれていて
迷い込んだ小石に
与えられるのは
 
 
周りを漂うだけの
真空
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

可愛いあのコとお勉強。

どうしても近づきたい人がいるとして、

実際に近づけてしまったらつまんない。

「近づきたい」という思いは、

いつまでも自分の中でぐるぐる回るから、

だから、気持ちいい。

欲望という名の温もり。

あぁ、可愛いあの子を一目見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人と人とは繋がりたがる

体と体
心と心

言葉を尽くし尽くして
お互いを求めあう


人は生まれた時からひとり
なぜ二つになりたがるのか

分からないまま
お互いを繋ぎ止めようとする

離れるのが怖いから
繋がっていたい

けれども、

繋ぎ止めようと必死になるほど
脆くなっていく

楔は関係を強くするものであり、
関係を割る道具でもある


楔の使い道を誤ってはならない

人は生まれたときからひとり

一人で立てないものが寄りかかると
二人で崩れ落ちていく


互いの手を取り引っ張り合うと
互いが互いの支えになる


強く強く引っ張り合って
痛いほど傷つけるほど引っ張って
二人の間に楔が生まれる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«美しいもの巡り